ヘッドスパ

ノンシリコン育毛シャンプー

ノンシリコンシャンプーと一般的シャンプーの違いは名前の通り「シリコンが入っていないシャンプー」という事です。
シリコンとはコーティング剤のようなもので髪に膜をつくるのです。
シリコンが配合されていることで洗い上がりの絡みなどが少なく、サラサラした仕上がりで指通りがよくなるのです。

シャンプーには大きく分けてアミノ酸系、石油系、石鹸系の3種類があります。
一般的に一番多いシャンプは石油系です。
石油系のシャンプーはシリコンが配合されており髪の表面をコーティングすることで手触りがよくなり髪ツヤを出す効果があります。

しかしながら、浸透して改善する効果はなく上辺だけということになります。
洗浄力が強いこともあり、頭皮への負担が大きく今、ノンシリコンが注目されているのです。
石鹸系のシャンプーは石鹸の成分を主としたシャンプーですが、性質がアルカリ性のため髪に負担がかかると言われています。

そしてアミノ酸系シャンプーですが、このシャンプーがまさにノンシリコンシャンプーhttp://www.bacfestival.com/nonnsirikonn.htmlなのです。
頭皮や毛髪に刺激を与えない優しい成分が配合されたシャンプーになります。
但しノンシリコンといっても名前が違えども似たようなコーティング剤が入ってるシャンプーも多く存在します。

シクロメチコン、シロキ、ジメチコンなどといった名称の成分は同様のコーティング剤です。
よって、ノンシリコン=良いという判断は危険なのです。
使用感を良くするためのコーティング剤ですので、髪の保湿ができるタイプのシャンプーならば、コーティング剤が入っていなくても洗い上がりは悪くなりません。
それがアミノ系酸シャンプーなのです。

このページの先頭へ